GMニュースのログの中から、SEED感想の回のみ・5話分を一区切りとしてまとめました。
バジルール少尉指向・地球連合軍指向で読まれると、より一層楽しめるかもしれません。
サイト解説 GM板 GMにメール TOPへ
[ INDEX ]
GMニュースログ

バックナンバー
◆PHASE-01
◆PHASE-02
PHASE-03
PHASE-04
PHASE-05
PHASE-06
PHASE-06-2
PHASE-07
PHASE-08
PHASE-08-2
PHASE-09
PHASE-10
PHASE-11
PHASE-12
PHASE-13
PHASE-14
PHASE-15
PHASE-16
PHASE-17
PHASE-18
PHASE-19
PHASE-20
PHASE-21
PHASE-22
◆PHASE-23
◆PHASE-24
◆PHASE-25
◆PHASE-26
PHASE-27-0
◆PHASE-27
PHASE-28
PHASE-29
PHASE-30
PHASE-31
◆PHASE-32
PHASE-33
◆PHASE-34
PHASE-35
PHASE-36
PHASE-37
PHASE-37-2
PHASE-38

 

10-『分たれた道』
サイさんはいい人ですリターンズ
死んだ筈だよ御種さん。…というわけで土曜日恒例の今週のSEEDデス。
毎週土曜日だけは念写画像が多めで御迷惑をおかけしておりますスンマセン。


さて、前回無駄に戦闘に参加して、無駄にピンチに陥って、
仕方なくラクスを盾に戦闘行為の中止を求めた我らが破壊天使御一行様。
ピンチは一時的に脱したものの、変態仮面クルーゼさんの艦はしつこくついてきます。
とりあえず体制を立て直さねばって状況であるのですが、ここで艦長さんが

「とりあえずの危機は回避したものの…状況に何の変りも無いわね…

等と嫌味ったらしく言われるのですよ。
ハァ?誰が誘い込んだ危機デスカ?と、艦長に少し殺意を覚えたり。

ええぃ艦長はアンタじゃ駄目だ!ゴメス大尉に変わってくれよ!!
ビームラムを使うのだな?そうだ!エネルギーは全て艦首へ回す!!
いーくつーものー愛ぃーかーさねあーわせてー♪
遅かったなー!(チュドーン!)

ヽ(凸)ノ====冷却中====冷却中====ヽ(凸)ノ

ヽ(凸)ノ====冷却中====冷却中====ヽ(凸)ノ


一方、真のヒロインであるフレイさんは、昏睡状態から覚めるも半狂乱状態
この能無しが!!大丈夫って言ったじゃない!」と、父親を守れなかったキラを責めたてます。
しまいには「自分もコーディネーターだからって本気で戦ってないんでしょ!!」の一撃。
フレイ六変化
しかしほんの1分程度の中でこんだけのアレな表情を見せたりするのは、さすがヒロインと言った所。
目の前で父親が死んじゃったので、元々アレだったフレイさんに『狂気』のスキル追加な感じです。
あの子…許さない
ED前にはこんな顔で「このままには…しないわ……」なんて言い出すフレイさん。
コワイヨー…(((( ;凸)))

フレイさんの言葉攻めで深く傷ついたキラ君は、鬱だ死のう状態になり妙な泣き声で号泣します。
そこへ今回の主役・ラクス嬢が登場すると、アッサリと立ち直るキラ君。
恋する男の子は単純純粋です。
そしてここからが怒涛のラクスラッシュ開始。
世の男たちはワタクシに萌えるのですよ〜と言わんばかりに攻勢を仕掛けます。
キラ様 暴走5秒前キラ君の夜這いでラクス嬢寝顔大公開。

僕はっ!君の事がっ!そして艦内で繰り広げられるラヴロマンス。

ほら、蹴ってる蹴ってる!……できちゃいました…。(妊娠8ヶ月目)

ラクスを人質にするという行為に納得できなかったキラ君は
独断でラクスをザフト側に引き渡そうと奔走。略奪愛全開(違
サイ&ミリアリアに速攻見つかるも、2人は逃すのに協力してくれたりと友情パワーも全開
アシュラマンもビックリです。
私…脱ぎます。
ノーマルスーツを着込む所では惜しげも無く下着を披露してくださったりと
前回のフレイ&ミリアリアシャワーシーンに対抗してか、ラクス嬢大ハッスル。

そんなこんなでイージスにラクス嬢を引き渡す訳ですが、
引き渡した直後に変態仮面クルーゼ隊長が出撃してきます。
「えっマジ!?動かん言うた筈やないですか!?」
とでも言いたげな表情で呆気にとられるキラとアスランを尻目に
アークエンジェルからも待機していたフラガ大尉が出撃。
「何もしてこないと思ったか!このアンポンタン!」と、経験の違いを見せ付けます。
大人のやることかぁ!!大人だからやれんだろぉ!!

バトル開始か!?と思われたその時に動いたのはなんとラクス嬢。
まるで人格が入れ替わったかのような毅然とした態度でクルーゼさんに

「やめてください。追悼慰霊団代表の私の居る場所を戦闘にするおつもりですか?」
そんな事は許しません。すぐに戦闘行動を中止してください。」

………( ゚д゚)ポカーン
え、えーと……
何故それを前回の戦闘の時にやらなかったんでしょうか?


では『今週のバジルール少尉』!
今週はあまり出番というか見せ場はありませんでした。
ラクス引渡し時に「攻撃を!」とチョット平静を欠いてしまったりしましたが
既に座ってるだけのお人形さんと化している艦長と違い、職務を全うしてると思います。
CIC万歳。

カズイ、邪魔!(笑) CICサイコー!

そんな中でのベストショットは、そんな平静を欠いた時のワンショット。
とりあえず、おちけつ。
「そんな事(攻撃)したら、今度はストライクがこっちを撃ってくるぞ」
と、フラガ大尉に言われるシーンです。
上のセリフの後に「…多分ね。」とウインクして和ませる?フラガ大尉が良かったので(笑)
艦長、アンタが笑う所じゃないと思いますが(汗)


さて、次週おそらくキラはバジルール少尉に修正を受けるものと思われます。
そして1週間の独房入りなんかも激しく希望したい所ですが…。
グラビア雑誌にハァハァのフラガ大尉や、フレイ嬢の幼児虐待?等、他にも見所満載のようです。


09-『消えていく光』
モントゴメリの艦長はいい人でした。合掌。
激しく健やかに寝て復活のGMですコンニチワ。
さて昨日書けなかった種感想のお時間です。

今回は前半合流確定でマッタリ→思わぬ敵襲で事態は急転ドンパチウキャーー!という流れデシタ。
まずは前半のマターリ関連。
先週各地で物議を醸した問題のシャワーシーン
ミリアリアたんハァハァ
皆様の予想通りミリアリアでした。誰でしょうねトールとか言ってたのは(割腹)
基本的に非戦闘時モード全開で、皆さん化け物化顔面パックしてたり、歌唄ってたり

一方ブリッジでは迎えに来てくれた『モントゴメリ』との通信が行われていた訳ですが、
チュウチュウ
あのー艦長さん…ドリンク片手に通信は凄く失礼だと思うんですが(汗)上官相手に。
最初は受信したメッセージを再生してるだけかと思ったらリアルタイム通信みたいですし…。
こっちからは音声だけかと思ったらアデナウアーフレイ父が「娘を見たい」等言っているので
こっちの映像も送られてるみたいです。なんだかなー。

さてそんなホンワカムードで合流できるかと思った矢先、
ラクス嬢探索が任務のはずのクルーゼさんが、出迎えの第8艦隊先遣隊に攻撃をしかけてきます。
先遣隊も早速応戦。
第8艦隊先遣隊 メビウス、カッコイイ! 頑張れメビウス
第8艦隊先遣隊は『モントゴメリ』を中心に護衛艦『バーナード』『ロウ』の3艦で編成されてます。
放蕩オペラハウスさんによると、モデルになった将軍の名前を3分割しただけみたいですが(笑)
んで、感じ的には『モントゴメリ』=マゼラン、『バーナード』『ロウ』=サラミスってところでしょうか。
そしてアルテミス以来の御登場であるナデシコメビウス。
今回でかなりメビウスLOVEになってしまったかもしれません。そのヤラレっぷりに(滅)
1話で見た限りボール的ポジションっていう話も出てましたが、今回の話を見てからだと
どっちかっていうとメビウス=セイバーフィッシュという方が合ってるかもしれません。
メビウス・ゼロはフラガ大尉のポジションからしてコアファイターという所でしょうか。

さて、イージス&ジン2機によって襲撃されている第8艦隊先遣隊ですが、
司令のコッホマン?少佐は部隊の事よりも、まずアークエンジェル&ガンダムの無事を優先します。
結構軍人できてます?隣であたふたしてるフレイ父は置いておいて(滅)
が、当のアークエンジェルは反転離脱しろとの通信を無視して救援に向かいます。あー。
しかし味方はルウム戦役再現の真っ最中。
あまりに一方的過ぎ…。
メビウスはポコポコ落とされ、護衛艦も次々と沈んでいきます。
アークエンジェルの砲撃でジン1機は撃墜したと思ったんですが…向こうは被害無しだった模様(汗)

一方アークエンジェル艦内では不安で居ても立ってもいられないフレイさんが大活躍。
先遣隊旗艦モントゴメリに乗っているフレイ父が死ぬかもしれないのでパニック状態。
サイに付き添われて少し落ち着きを取り戻したかに見えた時、突然某歌姫の歌が!!

『戦場で歌が聴こえるだとっ……!?……黙れザフトの歌姫めっっ!!』

等というセリフが脳内で響く位の殺気が画面から放たれた後
あの女と別れてくれなきゃこの娘を殺して私も死ぬわ! 本気で顔面蒼白
ラクス拉致→ブリッジ突入→「攻撃止めなきゃコイツぶっ殺すぞ!…って言うヨロシ」の3連コンボ。
やっぱりアンタは真のヒロインだよ…(感涙)
…とか言ってる矢先に旗艦モントゴメリ轟沈…。フレイ絶叫。アークエンジェル大ピンチ。
どうするどうするどうする?君ならどうする?

バジルール少尉ですが何か質問ある?
真っ先に行動に出たのが我らがバジルール少尉。敵艦に向けて礼儀正しく
「人道的立場からラクス嬢を保護してますけど、何か?(意訳)」と通達。
何も知らずに攻撃してきてアークエンジェル撃沈ともなれば、クルーゼ隊の本当の任務である
ラクス嬢も一緒に失う事になってしまう事になっていました。
人質を盾に…というと聞こえは悪いですが、
アークエンジェル→助かる・クルーゼ隊→知らずにラクス殺すとこだった…ヨカター。な訳で。
これに対する各界の反応。

卑怯?最高の誉め言葉だな<卑怯な!
えーと…休暇と許婚の安否確認を両天秤にかけていたのはどちらさんでしたっけ…?

不利!カコワルイ!<格好の悪い事だな…援護に来て不利になったらこれか…
仰りたい事は良く分かりますが…任務そっちのけで戦闘仕掛けた貴方が言われても…。
て言うか第3話で堂々と非戦闘員に発砲してる貴方が言っても説得力ナッスィン。

しっかりしてくれよ艦長<(物凄く納得いかなそうに)分ってるわ…ナタル…。
モントゴメリの通信通り、最初から反転離脱していればこうなりませんでしたが?
アークエンジェルとガンダムを失う、もしくは敵の手に渡れば地球連合軍は終わりです。
だから取りたくなかったとはいえ、少尉の行動はやむをえなかったかと。

簡単にアークエンジェルが落とされるとも思いませんが、もし落とされればラクス嬢も死亡です。
知らなければ幸せですが、もし万が一アークエンジェルの残骸の中に漂うピンクハロ
とどめをさしたアスランが見つけたりしたらもぅ…
「まさか…この艦にラクスが……?…う、うわぁぁぁぁ!!!!!
某ゲーツ・キャパさん並の崩壊は目に見えてますよ奥さん。
ラクス捜索の任をアークエンジェル側は知らないはずですが、
結果的に両者の被害を食い止める事になったわけです。
汚れ役を買って出てくれたバジルール少尉万歳(滅)

しかしアークエンジェル…順調に破壊天使御一行様への道を歩んでます…(汗)
死ぬぜぇ〜俺に関わった奴はみ〜んな死んじまうぞぉ〜。


では最後に恒例の『今週のバジルール少尉』!
今週も大活躍のバジルール少尉。
艦長との対立が頻発してますが、GMはいつでも少尉の味方です(笑)
どうするさ、艦長! 艦長、アンタは間違っている!!
「バリアント、1番2番…てぇ!!」の命令も勇ましく、各所で見所満載でした。

そんな今週のベストショットはこの一枚!
先遣隊を急襲した敵の中にイージスが居ると判明した時のワンショット。
少尉、驚愕
仕掛けているのがクルーゼ隊のナスカ級とわかって言葉を失うバジルール少尉。
気丈な少尉の驚きの表情もあまり見られないので思わず今週の一枚に。
ていうか表情が好みだったからなんですが(死)


08-2-『-』
疑惑のシャワーシーン
オ、オルタナティブゼロがぁぁ・・・・!!
教授が…教授が…ウワァァァァンン!!・゜・(´Д⊂・゜・
…と、ひとしきり関係ない龍騎ネタで始めてみたGMですコンバンワ。
某氏にダマされたので悲しみも倍増(死)。


えーと昨日はピンクハロの『オマエモナー2002冬』開催で各地盛り上がった模様ですが、
その影に隠れて霞んでしまった様子なのがアス坊のシャワーシーン。
精神的ブラクラ注意
小さなお子様への影響を考え、縮小表示しております。

先週の次回予告でも出てたせいで衝撃が小さかったのかもしれません。
シャアにしろウッソにしろロランにしろ、ガンダムで野郎のシャワーシーンやら
風呂場やら裸やらは別に珍しいことではありません
むしろ「シャワーシーンが無くて何がガンダムぞ!」と言い切っても良い位の勢いです。
だからアス坊のシャワーシーン出現だからといって、取り立てて騒ぐ必要もない。
むしろガンダムらしい?、と。

それはいい!

問題は今週の次回予告でありますですよ!
次回予告のこのシーン!
大きなお友達の期待に応え、大きなサイズで御覧頂いております

3回見ました。

リアルタイムで1回。

ビデヲ回して1回。

コマ送りで1回。

昨晩の時点でのGMの結論は『野郎のシャワーシーン、再び』でした。
ええ、春夏秋冬さんと同じく。
ト、トールっすか…?程度の考えでおりましたが、戯レ言さんの考えではミリアリアたんらしいです。
髪の毛横ハネ無いから微妙に気付かなかったヨ…。
あちらには綺麗なキャプ画像がありますが、確かに胸がなだらかな上昇線を…。
確かにキラやサイに比べてイマイチ影の薄いトールのシャワーシーンなんか出してもね…。
しかも2週連続で野郎シャワーシーンを放映などという暴挙にまさか…。

と、以上の点を考えて9割方ミリアリアたんのシャワーシーンだと思われますが、

「ウヒョー!ミリアリアたんのシャワーシーンだだだ!!」
「よーし俺も遺伝子操作で股間のナニを強(ピー)んだ!!ビバ、コーディネーター!」
「ポックン、もう辛抱タマランですヨ〜〜!!」

などとハッスルするのは早計です。
もし本当にミリアリアたんのシャワーシーンなら祭勃発間違い無しなのですが、
もしも、もしもですよ?
9割方可能性の無いトールのシャワーシーンだった場合!
まさに暴動、そう…暴動が!
ピュアなハートはクリスタルブレイク!
視聴者である我々がミリアリアたんのシャワーシーンを要求して何度踏みにじられたか!
っていうかバジルール少尉のシャワーシーンを!!
一瞬でも監督の事を信じてしまった僕の心を返してくださいよ!の大騒動。


とにかくSEEDの事です。何が起こるかわかりません。
皆様も先走って後悔することの無いよう、落ち着いて次週の放送を待つことをおすすめします。

しかしシャワーシーン一つに何熱くなってるのやら(涙)
フォウ入浴@キリマンジャロを越えるくらいのをカモン!!


08-『敵軍の歌姫』
カガリたんを忘れないで
皆さんお待ちかね!今日は楽しい種曜日〜♪
さぁ今週もバジルール少尉の勇士をブラウン管に映し出すのですよー!!
激しくビデヲ、イン!スイッチ、オン!!

( ´∀`)<オマエモナー<オマエモナー

さすが新世紀ハロ、見事に感化されてます。→ハロ言語一覧
多分そのうち「イッテヨシ!」とか「ラクスタンノエロガゾウキボンヌ」とか言い出します。確実に。


ピンクハロの「オマエモナー」連発で夢の世界へ飛び立ちそうになった今回ですが、
破壊天使御一行様は拾ったラクスを巡ってあれこれと大変な事になってました。
さて、そのラクス嬢。天然天然と聞いてはいましたが、

あらあら…まあまあ… バジルール少尉も頭を抱える天然ぶり

「あら…」
「あらあら…?」
「まぁ…これはザフトの艦ではありませんのね…?」

今頃気付いたのかYO!と、吉本新喜劇なら全員スッ転ぶシーンです。
天然バンザーイ!バンザーイ!(死)
この後も全編に渡って天然ぷりを発揮してくれるラクス嬢。
フラガ大尉も頭を抱える凄まじいパゥワーでキラ君もすっかりホの字です。
「キラ様」とか言われて照れてるし。妄想大爆発。

一方、真のヒロインであるフレイ嬢。
前回は大人しかったですが、今回も大人しいと流石にナメられると思ったんでしょう。
今回は激しく大爆発。
サイや愉快な仲間達の手前、コーディネーター嫌い?と言えどキラの事は
「もちろんキラは別よ」等と特別扱いさせれてたフレイ嬢ですが…
新入りコーディネーターは誰との接点もない訳ですから、ここぞとばかりにもう言いたい放題!
しまいには、ご丁寧に自己紹介&握手を求めてきたラクスに…

新入りが粋がってんじゃないわよ! この艦でのルールってものを教えてあげようって言ってるのよ!

「馴れ馴れしくすんなョ!この(ピーー)がっ!!」
「コーディネーターのくせに馴れ馴れしくしないで!!」

との暴言。キラ君大ショック。愉快な仲間達も大ショック。
まさに殺伐。馴れ合い禁止。
フレイ嬢は何かコーディネーターを嫌う理由があるみたいですが、
父親は生きてますし(軍関係の人?)、どういう理由なのかは気になります。
まぁそのうち明かされるでしょうし、別に理由が何だろうとフレイ嬢はフレイ嬢なんで関係無しです。
これからもフレイ嬢、そしてフレイvsラクスの行方に注目です。
しかしサイっていつもフレイの尻拭い?してるよなぁ…苦労人(涙)


では最後に毎度の『今週のバジルール少尉』!
今週は良い感じでした。バジルール少尉アップで出まくり。
艦長の考えの矛盾点(無理やりキラ達を巻き込んでおきながら、ラクスは巻き込みたくない)に
キツくツッこんでみたりと、押さえるとこも押さえてます。

艦長に物申ぉーす! 暗号通信にドキドキ

しかし今週のベストショットはなんと言ってもこの一枚!
暗号通信をキャッチし、第8艦隊が自分達を探してくれてると知った時のワンショット。
笑顔!笑顔!

これですよ奥さん!この笑顔ですよ!!
これだけで御飯三杯は行けますよ!!(死滅)
バジルール少尉バンザーイ!ヽ(凸)ノヽ(凸)ノ


07-『宇宙の傷跡』
千羽鶴と言ってな、ヤーパンの正しい伝統だ
ハハハハハハ!実験は成功した!!我々コーディネーターはナチュラルの血で生きてゆけるのだ!
待っていろ、まもなく我らコーディネーターは大挙して地球に押し寄せてくるぞ!


というわけで今週も御種様の時間で御座います。

アルテミス爆散?のおかげか、破壊天使御一行様は追撃を振り切る事に成功。
しかし物資や水が不足して辛抱たまらん!なら宇宙の夢の島にゴミ漁りに行こうぜベイベー!
というのが今回のアークエンジェル側の行動。
ザフト側はザフト側で、先週大活躍のショタ君やオカッパ君は全く登場せず、
専らプラント本国に帰還したアス坊&その周辺のシーンがメインでした。
詳しいストーリーを追ってのレビューは他の皆様にお任せするとして、
GMではいつものようなヘチョンな感想を。

遥かなるDQNフレイ嬢の細かなツッコミは省略しますが、
今回はちょっと大人しかった…かもしれません。
混ざってるし 千羽鶴折り折り。パンチラはありません
何気に以前よりキラと愉快な仲間達(仮称)に溶け込んでる雰囲気です。
「正直、スマンカッタ」と前回のキラへの暴挙を渋々謝罪したのが何気に効いたのでしょうか。
しかしブリッジに上がるなら制服に着替えて…(以下略)

あと他のアークエンジェルネタと言いますと、今話の肝・ゴミ漁りになる訳ですが
バジルール少尉、出撃
何気にバジルール少尉もゴミ漁りに行ってます(笑)カコイイ!
ただ話の展開としてゴミ漁りのつもりで行って見たらコロニーの残骸があったりした訳で、
そのコロニーは例の「血のバレンタインの悲劇」で破壊されたユニウスセブンだったりした訳です。
地球軍の攻撃で住人24万3721人の命と共に崩壊したユニウスセブン。
もちろん中には死体が浮いてたりしてて、その悲惨さにショックを受けたりするんですが
どうも微妙に30バンチ事件と被るのはGMの気のせいですか?(笑)


さて今回の目玉?であったシーゲル=秋元洋介=クライン最高評議会議長ですが、
「だから、お前はアホなのだぁぁ!!」等と、流石にそこまでハッスルはされませんでした。
穏健派議長らしく、終始穏健穏健されておりました。これからに期待(笑)

逆にGMの予想を上回ってくれたのがクライン議長の娘さん、ラクス嬢です。
歌姫歌姫と以前から聞いてはいたんですが…
歌姫
リン・ミンメイ!?ミイヤ様!?
歌姫っていうか国民的人気アイドルじゃありませんか(汗)唄ってるし!
ナマで唄ってると思ってたら本人はなんとカプセルに入ってユニウスセブン宙域に。
プラントからエクソダスですかミイヤ様?(違

ノーマルよりカッコイイかも強行偵察型 ポカーン…
そしてそのカプセルは、ジン強行偵察型をキラが撃破した後に拾われてアークエンジェル入り。
開けてビックリ玉手箱。敵軍の歌姫(&ピンクハロ)登場。
クルー皆( ゜д゜)…ポカーン→(((( ;゜Д゜)))ガクガク→(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル 
歌姫様は「ご苦労様です。」なんて言ってるあたり問題意識ゼロな感じですが
なんにせよ来週からまた一悶着ありそうな予感です。


では最後に『今週のバジルール少尉』
呆れ顔のバジルール少尉もー
キラが拾ってきたカプセルを開けるシーン。
「つくづく君は落し物を拾うのが好きなようだな…。」
と、拾い食い大好きキラ君に半ば諦め状態のバジルール少尉。
この直後、開けてビックリ玉手箱歌姫登場皆様ポカーン…となる訳ですが…。


06-2-『-』
サイさんはいい人です。
公式サイトのチャンドラ伍長小池さんに見えて仕方ないGMです。ホアー!!

さて昨日は各地でフレイさん祭が開催されたようで
回るサイト回るサイト、どこででも
嘘じゃないわよ!だって私、DQNだもの!!
このシーンのキャプ画像が使われてて爆笑。
そこまでインパクトを与えるフレイさんはまさにヒロイン。
種ヒロインの名に恥じぬ存在で、これからの活躍に期待がかかります。
次回より登場するアス坊の許婚さんとの絡みも楽しみです。

そんなフレイ祭に便乗というか超自然的にフレイ祭が集団発生したというか
なんかそんな感じで、昨日のネタもフレイさん一色だったわけですが、
予想通り氷川隊長から
「バジルール少尉のバの字も無いではないか!死刑!!」とのお叱りを受けました。
全くもってスミマセン。
孤立無援バジルール少尉推奨サイト(今命名)として華々しく飛び立つはずが
出鼻からフレイのドキュ…お嬢さんに妨害された形です。
不覚ナリ。
改めて種ガンはバジルール少尉キングゲイナーはジャボリたんシフトで
頑張っていく次第であります。


さてそういう事で第6話のバジルール少尉の見所ですが、
誰がなんと言おうとアルテミス(内の部屋)からの脱出シーンでしょう!
グランプリの鷹…いやエンディミオンの鷹ことフラガ大尉&マリュー艦長が
鷹大尉「うわー今の爆発で部屋に亀裂が入ったー!空気がー!」
乳艦長「キャー!助ケテー!死ンジャウー!」
鷹大尉「うわー早く開けてくれー」
乳艦長「あぁ〜ん来てぇ〜早くぅ〜〜」
等とかなり強烈にウソっぽく叫んでいるときに一人

艦長顔でかいって
バジルール少尉「(わ…私もやるのですか…!?え、マジ?やらなきゃダメ?)」

なんて考えてそうなバジルール少尉。
フラガ大尉殿の突飛な行動に戸惑いを禁じ得ずオロオロしてて
またそれが融通のきかない(?)バジルール少尉の魅力な訳ですが!

バジルール少尉、ホッ。 バジルール少尉、キリッ!
そして今週一番のGM的ナイスショット。
作戦成功→衛兵ノックダウン→脱出確定となった時に一瞬見せた左の表情。
なんだかんだ言ってやる事はやってる大尉コンビに感心したのか
微妙な演技を自分はやらなくてすんでホッとしたのか
果たしてどうなのかは微妙ですが、
あまり表情を崩さないバジルール少尉の貴重なショットです。
すぐに右のような、キリッとしたいつものバジルール少尉に戻るんですが(笑)
これはこれで…。
キリッ!ホニャ〜もバジルール少尉の魅力なんです!!(激しく謎)
それが分からずして何がガンダムSEEDよ!!(さらに謎)


何はともあれこれから前途多難そうなバジルール大尉(&破壊天使御一行様)ですが、
GMは全力でバジルール大尉を応援していきたいと思います。


06-『消えるガンダム』
彼はワッケイン司令に遠く及びませんでした
自己中御嬢様フレイさんと我らがバジルール少尉の声優が
桑島法子の一人二役という事に今更気付いたGMですコンバンワ。

そういえばNewtypeのCMのクルーゼさんがやけに楽しそうなんですが
フレミング右手の法則
何か良いことでもあったんでしょうか。


さて今日は週に一度の種ガンの日。
第6話「消えるガンダム」の感想など行ってみたいと思います。
やっとの事でルナ2アルテミスに逃げ込んだ破壊天使御一行様は当然の如く拘束され、
アルテミス司令は光子力バリア光波防御帯を過信しすぎて余裕綽々。
あまりの楽観ぶりに不安を募らせるクルー達…

………

…………

……とかそういうのはもうこの際どうでもいいです!!

フレイさんですよフレイさん!
またやってくれましたこの御嬢様!!
ガンダムのシステムがロックされている事に気付いたアルテミス司令は
ガンダムのパイロットを連れて行こうとします。必死に庇い通すクルー達。
キラも耐え切れずパイロットだと明かしますが、向こうには信用されず
「お前みたいなヒヨッコに操縦できるわけが無い!嘘をつくな!」というその時!!

サイさんは殴られてグターリ
フレイさん「嘘じゃないわよ!」
フレイさん「だってその子、コーディネーターだもの!!

キタ―――――――――――(凸)――――――――――――!!
複雑な今の状況を考えずに仲間を売る行為!!
その行為を問い詰められても「ここは味方の基地なんでしょ?」発言!!
空気読めよ!!
さらに友達とか言ってる割にはキラはどうでも良いっぽい!彼氏しか見てない!!
そうだよ!それでこそフレイさん!!万歳!!
回を追う毎に評価を落とさないフレイさんなんてフレイさんじゃない!

今回はホログラフィックカモフラージュで消えるブリッツガンダムとか
死ぬぜぇ〜俺を見た奴はみんな死んじまうぞ〜
司令もろともアルテミス宇宙に散る、の感動を今ここにとか
色々あったんですが……

全てフレイさんに食われた形です。万歳。
これからも種の存在意義はやっぱフレイさんなのかなぁ…
おかしいですよフレイさん!!
ヘリオポリスのお嬢さんは嬢ちゃんをやってりゃいいんだ!


最後に今週オススメの1枚
ウヒョヒョヒョ…うい奴、うい奴♪良い乳しておるではないか♪
セクハラアルテミス司令のミリアリアたん拘束の図。
ミリアリアたん表情良すぎ…