GMニュースのログの中から、SEED感想の回のみ・5話分を一区切りとしてまとめました。
バジルール中尉指向・地球連合軍指向で読まれると、より一層楽しめるかもしれません。
サイト解説 GM板 GMにメール TOPへ
[ INDEX ]
GMニュースログ

バックナンバー
◆PHASE-01
◆PHASE-02
PHASE-03
PHASE-04
PHASE-05
PHASE-06
PHASE-06-2
PHASE-07
PHASE-08
PHASE-08-2
PHASE-09
PHASE-10
PHASE-11
PHASE-12
PHASE-13
PHASE-14
PHASE-15
PHASE-16
PHASE-17
PHASE-18
PHASE-19
PHASE-20
PHASE-21
PHASE-22
◆PHASE-23
◆PHASE-24
◆PHASE-25
◆PHASE-26
PHASE-27-0
◆PHASE-27
PHASE-28
PHASE-29
PHASE-30
PHASE-31
◆PHASE-32
PHASE-33
◆PHASE-34
PHASE-35
PHASE-36
PHASE-37
PHASE-37-2
PHASE-38


20-『おだやかな日』
GMはイザークママも応援します(滅)
種の数少ない希望が次々と失われていく気がしているGMですコンバンワ。
ひだまりの民で激しく癒されたい今日この頃です。
さて、種感想…既に一週間が経過して種21話もダイナミックに放送された訳ですが
とりあえず先週分を処理しなければならないので、このサイトだけ先週の放送直後の状態だと思って下さい。

サッカー・プロレス・大相撲と来て、ついにプロ野球関係者のガンダムフレンズが予想通り登場するも
阪神の赤い彗星・赤星氏では無く、元ヤクルトの池山氏でした。
エール・ランチャー・ソードストライク→スリーストライク→三振ブンブン丸→池山氏
…ソウカッ!と激しく納得。
次のガンダムフレンズが誰なのか本気で気になってきます。本編よりも。
では本編の感想へ。


激しく録画ミスで前半のハロ落描き関連は見ていません。
というか今回の話は見所があったのかと疑問に思えてきますが、それを言ってしまうと
見所の有る話がこれまで何話あったかというグレイトな状況に陥ってしまうので敢えて無視。

とりあえずアス坊とラクス嬢マッタリモードから見始めましたが、
未だにキラがトリィを連れている事を聞いて驚くアス坊。
捨てておいて欲しかったのかと、君は!(死)
キラはキラでアスランとの友情の証とかなんとかでトリィを大事にしていると思う訳で。
その前に今現在の友人を大切にしろよと言ってやりたいですが。


そして今回の話のメインは東方不敗とアスランパパのグレイトバトルですが、
その周辺の話という事でプラント最高評議会議員の方々が出てきたりします。
過去の査問会で一度出番があった最高評議会の皆さんですが、
昔のミラー画像を見直すと、アスラン以外のガンダム強奪組の親も評議会議員だったんですね。
むしろ議員方の御子息がエリートとしてガンダム強奪組(赤スーツ)として選ばれたという感じですかね?
という事はあれですよ。
1話で死亡の強奪組・ラスティの親御さんも議員には居るはずで!
個人的にザフトの主役はラスティとミゲルです。
そしてプラント評議会の主役はアスランパパでも無く、東方不敗でもなく!

むしろイザークママ、エザリアさん(死)

イザ夫君と同じ銀髪なので、この女性がイザークママ、エザリア=ジュールさんと推定。
という訳で突発的に今週のエザリアさん!!(死滅)
エザリアさん! エザリアさん… エザリアさぁぁぁん!!
今回は少しだけの登場でしたが…今後の活躍に激しく期待!!
過去の査問会でもガンダム映像を見せられて『だが、ここまで来れば量産は目前だ』と、
地球軍量産型MS期待組のGMに希望を与えてくれた素敵な女性デスカラ!!
量産機登場を待ち望んでいるのですよ!
イザーク君、これからは僕の事をパパと呼んでおくれ!!(割腹)


そういえば今回の話でちょっと出てきた事としては、
コーディネーターはどうやら世代を重ねるごとに出生率が著しく低下してしまうようです。
第一世代のキラは性欲の権化みたいな感じで、にわかには信じられませんが(死)
とりあえず第三世代なんかは本気で危機的状況っぽいらしいですので、
前にアスランパパ達が「我々に残された時間は少ない」みたいな事を言っていたのはこの事からでしょうか。
要するに適当に放っておいたらコーディ自然消滅というワンダフルな状況になる訳で。
それなら益々戦争の早期終結を図るのが至極当然の考えだと思うのですが、
今までの話をどう見ても手加減しまくりダラダラ戦闘を続けているとしか思えないのがどうにも…。

そして変態仮面は変態仮面でなにやら苦しんでいましたが、多分昨日食べた牡蠣に当たったんでしょう。

…というか、本気で変態仮面はナチュラル→コーディの改造人間なんでしょうか。
コーディ化に伴う副作用を抑える為に薬を服用しつづけなければならない、と。
なんか本気で生物として破綻してる気がしてなりませんね、コーディって(汗)


さて続いてアークエンジェル側ですが、今回はもうどうでも良いって感じで投やり気分。

(´・ω・`)ショボーン
無断でガンダムを動かそうとしたサイさんは、大方の予想通り1週間の独房入り。
キラとはえらい扱い違いです。それでも甘んじて受けるサイさんに涙。
所詮ガンダムを扱えない奴の扱いなんてこんなもんです。

腰を振るな腰を!!
そしてガンダムを扱える究極超人キラは、今回もフレイ嬢の色仕掛けに遭遇。
今回はスルリと拒絶しますが、今更良い子ぶっても失った信用は戻りません。
信用を失うのは一瞬だが、失った信用を取り戻すのは困難なのだよ…少年。

ロケテスト中の新作ゲームに群がる人々
一方、何時の間にかアークエンジェルに乗り込んでいたカガリたんはというと
スカイグラスパーのシミュレータで得意顔という微妙っぷり。
どう見ても『シミュレータで訓練する兵士&訓練の模様を観察するその他』というより
『ゲーセンでチョット上手くてイイ気になってる奴&ギャラリー』状態なんですが…
終わった後の「二発喰らっちゃったかな〜」ってセリフからしてもモロにゲーセン状態ですよ。
カガリたんもアクティブッ娘からヤなゲーマーレベルまで堕ちたか…(涙)


という訳でやっぱり今回は見所も何も無い話でした。
敢えて見所を上げるなら…ラスティだろラスティ!!
校長先生のお話です。 今明かされるラスティの素顔
ラスティの素顔が本邦初公開だぞ!?驚け貴様等!!(滅)
もう破壊天使内のドロドロ痴話喧嘩とか、幼馴染同士の801話とかどうでもいいんです。
お願いですから自信を持って他人に薦められるガンダムを……


では最後に『今週のバジルール中尉!』
今回はセリフ無しだってば。
まぁ総集編の時みたいに登場すらしないってのよりはマシですが。
というわけでベストショットというか唯一の登場シーン。
セリフは無し
もうなんだか最近はバジルール中尉の登場は控えめで良いから
作品自体をもっと面白くシテクレヨ!と本気で思うようになってきてます。
気付くのが遅すぎですが(汗)


19-『宿敵の牙』
命の水だポンジュース
激しくウイルスの脅威にさらされてダウンしていたGMですコンバンワ。
DG細胞でなかったのが救い。

花田勝氏「イージスガンダムはMA形態…バスターガンダムはミサイルポッドと…」(カンペ棒読み)
次のガンダムフレンズもスポーツ関係者というのは当たったようですが、プロ野球ではなく大相撲でした。残念。
というわけで遅れながらの種感想に行ってみたいと思います。


先週はレジスタンス希望の星アフメド君を始めとするメンバーの多くが討ち死にし、
カガリたんをひっぱたいたキラの逆ギレで終わった訳ですが…

えーと…僕、一週見逃しましたか?(汗)
なんかキラとカガリたん、なんか元の状態に戻ってませんか…?
サイーブにしろカガリたんにしろ、「気持ちだけで何が守れるっていうんだ!」と逆ギレしたキラのいう事は
分っていてもやりきれない思いとかあって…と言う展開かと思っていたのですが…
みんな仲良く一緒に買い物か、おめでてーな。
皆さん都合の悪い事はすぐ忘れてしまえるようで羨ましい限りですね。

ヒキコモリ
まぁそんなキラですが、ここ暫くストライクのコックピットにヒキコモっていたようで。
ストライクの中で寝泊りしながら『ラクスたんのエロ画像キボンヌ』等とやっていたと勝手に完結。
そしてキラとフレイがズッコンバッコンやってた事はどうやら艦長&フラガ兄貴の伺い知る所となったようで。
それでも「大変だったろうに…」で片付けられるキラはやっぱ特別扱いだなぁと改めて実感。
カズイ辺りが同じ事してたら問答無用で2週間の独房入りです。

取り出しましたるヨーグルトソォスをぉ!
さてその買出しに出かけたキラとカガリたんですが、
変装した虎さんと食事中に大遭遇。
チリソースをかけてドネルケバブを食べようとするカガリたんに
「ヨーグルトソースをかけないなんて、この料理に対する冒涜だよ!」
等とヨーグルトソースを強要します。
全く意味の無い珈琲マニアの次は自称・食通ですか虎さん?
人に食べ方を強要するってのが嫌いなGMにとっては、なんだかアレな感じでした。
別に何つけて喰おうがいいじゃねぇかと思ってみたり。

そんな全然ほのぼの出来ないホノボノシーンが挿入されたかと思えば
唐突に虎暗殺を狙ったブルーコスモスのテロが起こります。青き正常なる世界の為に!!
不意打ちでロケットランチャーかましてるのに余裕で察知されて回避されるブルコス哀れ。
常人離れにも程がありますねコーディネーター。改造人間バンザイ!
哀れブルコス
サクッとブチ殺されているブルコスも哀れですが、キラにもやられているとは不憫です。
MS戦闘でも最強・生身でのバトルでも強いキラ…
誰 か 奴 を 止 め て く れ 。

一方、バジルール中尉・トノムラさん・ランボー・黒髭の買出し別働隊は武器弾薬を調達。
提供された弾薬類が軍の横流し純正品でビックリのトノムラさん。
デラー…ゲフンゲフン、ハゲヒゲ武器商人の提示額に二度ビックリのトノムラさん。
その額に微動だにせずサクッと支払っちゃうランボー&黒髭に三度ビックリのトノムラさん。
ついて行けないッスよ佐藤さ…ゲフンゲフンッ!
「ど、どうなってるんですかねぇ…ついて行けないですよ、俺。」
この時のバジルール中尉&トノムラさんが佐藤刑事&高木刑事(byコナソ)に見えたGMはかなり末期。
何にせよ、今まで何かとブリッジクルーの中でも影の薄かったトノムラさんが今回良い感じになってます。
その頃アークエンジェルで1人いじけるノイマン少尉。(予想)


私はキャラ・スー…ゲフンゲフン! ニホンゴ、チョトダケネ。
そして場面は変わり、虎の本拠地・『俺の城(仮題)』にキラ&キャラ・スー…ゲフンッ!カガリたん御案内。
何気にジン砂漠戦仕様が御登場です。どうやら虎さん部隊はバクゥ&ジン砂漠戦仕様が配備されてるようで。
ビクトリア宇宙港制圧時のジンはノーマルだったんで、やっぱり虎さん部隊ではないようです。
話を戻して俺の城。
砂漠でランバ=ラルさんに遭遇して奢ってもらったというより、
街でガルマ大佐に遭遇して基地に御案内と言った方が良いようなシチュエーションですが
そんな事はまぁどうでもよく、入城早々アノ人が登場ですヨ!
そう、ビビアソが来るーーー!!
全国各地で「やっぱり駄目ダホ」「うわぁもうアレっぽそ」「僕の耳はもう君の歌を聴く事が出来ない…」
等と避難轟々のアラシっぽいですが、大方予想範囲内だった方が多そうで。

ミゲル西川>>>>>>>>>>(立ち塞がる大きな壁)>>>>>>>>>>>>アイシャビビアソ

というのが多くの方の印象かと思いますが、
『アイシャはどこぞ他所から連れてきた異国人(異星人)なんだ!』
と脳内設定すれば、ちょっとアレな話し方も許容範囲になるはずです。ポジティブシンキング。
ていうかそうでもしないとやっていけません。


まぁそんなこんなでキラと虎さんが激しく談笑したり、
アイシャがカガリたんをドレスアップしたりと愉快な一時を過ごしていた訳ですが、
姫様&一応ガンダムパイロットが行方不明と知ったランボーやアークエンジェル側は愉快でない訳で。
注目すべきは「なんですって!キラ君とカガリさんが戻らない!?」
と艦長が言った時のサイさんの表情。
明らかに「クソ!あの種馬め…フレイだけに飽き足らず、アノ娘にまで手を出してるのカッ!」
ってなオーラ全開で不憫というか怖いというか。

そして俺の城で談笑していたキラ達も、一転して修羅場へ突入。
というか元からダムパイロットって事はバレていたらしいですが。
「良い目をしている」発言といい、次に戦場で会った時はこうはいかんぞ的雰囲気で見逃されるのといい
アムロ脱走ラル遭遇編の激しい劣化コピーっぽいのは皆さん御存知の通り。
エレガントじゃないねぇ
「いくら君がバーサーカーでも、暴れて無事にここから脱出できるもんか。」
「ここに居るのはみんな君と同じコーディネーターなんだからね…。」
虎発言によって、やっぱり無敵男キラでも生身でコーディネーター相手じゃキツいっぽいです。
生身でイキがれるのはナチュラル相手だけ。イジメ、カッコワルイ!(死)


俺だって…俺だってぇぇぇ
そしてカッコワルイと言えば、最後のサイさん。
先程のアレが引き金になったのか、「キラにできるんだ、俺だって!!」な感じでストライク起動。
起動するも少し歩いて倒れこみます。
まぁノロクサ動かせただけでも正規のガンダムパイロット(予定)レベルには達しているかと思いますが(笑)
来週は何故か戦闘もないようなので、サイさんの詰問シーン展開の予感。

艦長「…ストライクで3歩歩いて2歩下がるを実践したかった。それだけの理由なの?」
サイ「はい」
艦長「サイ君のような聡明な子が…」
中尉「ともかく、他の者へのしめしもある。三日間の独房入り、いいな?」
サイ「キラは無罪放免で俺は独房入りかよ!訴えてやる!!

なんて修羅場が展開されそうですが、もうどうでも良いです。


では最後に『今週のバジルール中尉!』
前回今回と明らかに狙いすぎた萌えシーンが挿入されまくってますが、
あからさま過ぎると逆に萎えてきそうな危険も伴う諸刃の剣ってのが不安です。
細部と愉快な仲間達 リカーショップ・トノムラ
今回はトノムラさんと一緒に行動してるシーンがほとんどで、トノムラさんウハウハ(謎)
ノイマンさんとトノムラさんの激しいバトルがこれから繰り返される事でしょう!?

さてそんな中でのベストショットその一。
久しぶりのサングラス
まぁ当然ながら「ヤマト少…しょ…少年」のシーンのワンショット。
やっぱ眼鏡…サングラスの中尉は良いなァ。

そしてベストショットその二。
良い目をしている
ハゲヒゲ商人との交渉一連のシーンのワンショット。
狙ってる萌えシーンよりも、こういう何気ないシーンの方に萌えるGMでありました。


18-『ペイ・バック』
アイムチョーノ!
激しくバジルール中尉を応援しつづけるナタリストの味方…バーザムです。
種鑑賞毎に炎のように燃え上がらんとするヤルセナサをバジルール中尉の活躍で抑える今日この頃ですが、
今回はその活躍もめざましく!!もちろん火消し面の活躍も!!
                    l     l
バジルール中尉バンザーイ!ヽ<○>ノヽ<○>ノ
                    l     l
バジルール中尉バンザーイ!ヽ<○>ノヽ<○>ノ

今週の全てはこれに集約されるような気がしないでもないですが、
遅ればせながら種感想のほうに行ってみようと思います。


冒頭で鬱陶しい痴話喧嘩を再び見せられて、速攻挫けそうになりますが
ここで挫折しては中尉祭が開催されないので気にせず続行です。

さて前回、警告15分後に村の焼き討ちを激しく開始した虎さん。
寝静まった町に警告を出して即座に逃げられる筈も無く、
前話でも焼け落ちる建物の横を必死に逃げる住人が描写されていました。
犬ーーー
今回も街を焼き払うバクゥ・武器弾薬が備蓄されている洞窟全てに正確にミサイルを撃ち込むバクゥと
虎チームがステキに活躍です!ワルだぜ大将!!

…と思いきや、街の住民の人的被害はゼロ……
…思いっきり焼かれる町の中を逃げ惑っていた街の人に被害無しですカ……

就寝中→警告を聞く→健やかに起床→ラヂヲ体操→歯磨き→洗顔→着替え→避難

のプロセスを完了するにはとてもとても15分では無理です。
虎の副官が出任せで「ケガ人のみ」なんて言ったのかと思いきや、そうでもないみたいですし。
モルダー「これは大掛かりな隠蔽工作だ!!」
やはり街を破壊して、ゲリラが駆けつけてくる所を返り討ちなのか!ワルだぜ大将!!

…と思いきや、虎さんに言わせればそれは卑怯らしいです……
…おびき出そうと思って町を焼いた訳じゃないそうです……
ワケワカンネーヨ。
武器弾薬食料さえステキに破壊して、その時の双方の人的被害がゼロなら
街の住民が野垂れ死のうが餓死しようが関係無いみたいです(汗)
まさかヤーパンの天井に難民を拾わせるのが目的かっ!?


さて、虎さん撤退後に街へ駆けつけたゲリラの一団ですが
家族の無事を確認し安心すると共に、虎への怒りがマキシマムに爆発して追撃に出ます。
カガリたんも一緒に行こうとしますが、ゲリラのリーダーに

黒ヒゲ危機一髪
スレンダー、お前はここに残れ。」
と突き飛ばされますが、結局アフメドジープ(ランボー付)に乗って追撃します。
目と目で語り合うランボーとリーダー。カガリたん鉄壁の防御網です。

そんなこんなで引き上げ途中のバクゥとの戦闘に入る訳ですが、
ロケットランチャーの直撃にも傷一つ付かないバクゥ脅威のステキ装甲の前に成す術無し。
ゲリラ車両はプチプチッと次から次に踏み潰されていきます。
…この戦力差でどうやって戦ってきたんだ明けの砂漠…(汗)
『戦局は膠着し…』『知将と呼ばれる…』『部下からの信頼も厚く…』という設定があっても
それが全く実感できないのがなんとも言えず種ぽなのかもしれません…

それはともかくゲリラの方。残る戦力はリーダーの車両とカガリたん&ランボーの乗るアフメドジープ。
そういや今回はアフメド君大活躍だなぁ…
頑張れアフメド
アフメド君…カガリに想いを寄せる?レジスタンスの若きメンバー。
前回から少し出番が増え…今回に至っては、置いていかれそうになったカガリたんを二回もジープに乗せています。
かなり目立ち過ぎ。ヤバいですぞコレは!
『種の法則:レギュラー陣以外の脇役は使い捨て。出番が増えると、かなりの高確率で死亡。』
が発動する危険性が!!ディ悪化に似てるからって挫けるな!!
生きてくれアフメド君!!

飛んで飛んで
アーーーー!

(;´Д`) えー><BR>
あー………(涙)
また活きの良い脇役が消されました。だってよ、アーサーなんだぜ?
アフメドは将来、レジスタンスの若きリーダーとなって
10年後を描いた次回作『機動戦士ガンダムセックル』でカガリと感動の再会を果たす筈だったのですガ!!


そんな僕らの思いも知らず、程好く全滅しかけた頃にストライクが登場します。
アフメド君死亡のショックで、放射熱でビームがズレるとかそういうのはどうでも良かったです。
バクゥに虎さんが乗り込んで『フォーメーション・デルタ』でストライクを苦しめると思いきや…

…また加速装置発動かよ……(激萎)

毎回戦闘ごとに発動してりゃアリガタミも何にも無いです。
ピンチになっても種が割れて万事解決だもんなぁ…。
もうアレですよアレ。

キラの種割れ発動=黄門様の印籠

もうこれくらい割り切らないとやってられないかもしれません。無敵のスーパーウェポン
毎回発動するにしても、それまでの経緯からカタルシスを感じれれば別に何も言わないんですがね(笑)
エールストライク、飛びすぎ。 ストライク、種割れ過ぎ

戦闘終了後に至ってはキラ、
「死にたいんですか」「気持ちだけで一体何が守れるっていうんだ!!」
等と言いたい放題。カガリたんもひっぱたくし。
色々双方言いたい事はありますが…とりあえず一言。

誰かキラに『これ以上無い挫折』ってもんを味あわせてやってください。

無敵主人公はやり過ぎると萎え萎えの危険性が…って今更遅いか(汗)
キラ株価は今日も順調に降下中…(汗)


では最後のお待ちかね『今週のバジルール中尉!』
今週はフレイ嬢の出番が少なかったせいか、セリフも多めです(関係無し?)
了解! 少佐失言… ( ゚д゚)
何かと激しく色々と出番の多かったバジルール中尉。
なので念写画像も通常の3倍くらいの増量です。

そんな中でのベストショットその一。
私に言われても…
まずはゲリラが追撃に出て行ってしまった後のワンショット。
フラガ少佐とのやりとりや、「わ…私に言われても…」が結構キたので(笑)

そしてベストショットその二と言えばこれしかないでしょう!
下段真中の画像、左から二番目の女の子が可愛いです
カロリーメイト(フルーツ味)ーーーー!!(滅)
怪我をして泣き止まない子供を慰めようと帽子を被せてあげたりカロリーメイト(笑)をあげる中尉。
気が付けばカロリーメイトを欲しがる子供達に包囲される中尉。
「そ、そんなには無いんだ…はは……困ったな…(汗)」と焦りまくる中尉。
ナタリストの諸君はこれで御飯5杯は軽いと思われます。
これからのバジルール中尉の活躍にも期待セヨ!!


17-『カガリ再び』
サィイィィ!!俺は友達をやめるぞォォォ!!
明日発売の種2期OP『moment』を徹夜で並んで買おうとする貴方の味方…バーザムです。


種曜日に種鑑賞が出来ず、ようやっと今日感想を書けるようになったのですが…
えーと…17話の感想。

痴 話 喧 嘩 は 他 所 で や っ て く れ 。

一言で種感想が終わるのもアレなんで詳細を。
出遅れたせいで各所で散々語られていると思うので軽く行きます。

カガリも参加しているレジスタンス『明けの砂漠』に協力を仰ごうと
一応の警戒はしつつも交渉に出る艦長とフラガ少佐。
こんな時こそMr.ネゴシエイターの出番だと言うのはまた別の話で、
「話し合いをするの前にガンダムのパイロット降ろせやゴルァ!」
と言われて降りてきたパイロットを見れば…アラアラ、
ヘリオポリスで拳と拳で語り合った少年じゃないですか!とカガリたんビックリ。
乙女の怒りィィィ!!
思わず殴り合い宇宙を開始するキラ君とカガリたんですが、
キラ君はこの時になってようやく目の前に居るのがヘリオポリスで出会った少女と思い出します。
フレイ嬢とのプロレスごっこが凄すぎて一部記憶がフッ飛んでいたようです。
なんにせよカガリたんの進言で破壊天使御一行様はレジスタンスの前線基地へご案内となります。
これまでの経緯から、かなりの高確率で前線基地崩壊&レジスタンス壊滅の憂き目に遭いそうですが…。

怒りのアフガソ
そういえば今回なにかと動きの目立つこのお方。
劇中の行動からしてカガリたんのお目付け役といった感じですが、
レジスタンスが皆普通に銃を手にしてるのに、1人弓矢装備と浮きまくりです。
というかまずその格好もなんとかしてください。
ベトナムやアフガン辺りに単身乗り込んで怒りの脱出とかしてそうな感じです。

さて、一方のザフト側の動き。
まずは素敵にジブラルタルへ降下したイザ夫&ディ悪化両名ですが、
迎えに行くのが面倒くさい変態仮面から戦力外通告を受けます。
バスター無事過ぎ
それはいいとしてデュエルもバスターも無傷すぎ
さらにそれも良いとして、何故イザ夫とディ悪化が仲良く一緒にジブラルタルに降下できたのか!?
今更そんな疑問が。
ちょっと降下角がズレただけで降下地点が大幅にズレるのが大気圏突入ではないんですか!?
やっぱり某サイボーグ戦士ばりに「イザーク…君はどこへ落ちたい?」降下の線が濃くなって参りました。
どうでも良いですが(死)

続いて既に『張子の虎』呼ばわりの虎さん。
違いの分かる男
今回もコーヒーに拘るシーンが出てきましたが、コーヒーに拘る前にもっとやる事(以下略
コーヒーに薔薇のエッセンスを入れたりしたら評価もしたいですが。もっとエレガントに。
しかし虎さん、今回も全くエレガントじゃありません。
レジスタンスをおびき出す為に寝静まった市街地をバクゥ部隊で急襲……。
マグアナック隊が颯爽と地下から登場するはずも無く、市民は逃げ惑います。
代わりのバクゥも豊富!ラルさんは泣いている! 
銃殺かよ!
そういえば虎さんの部隊ではないですが、ビクトリア宇宙港を落としたザフト軍が
捕虜をバリッと銃殺しているシーンも今回ありました。
ニュートロンジャマー埋設で地球上に甚大な(血のバレンタイン以上?)被害を出したり、
レジスタンスをおびき出す為に無抵抗な民間人を攻撃したり、
捕虜を颯爽と銃殺したり…
なんかバジルール少尉(当時)の「ラクス嬢を保護していますが何か?」宣言など
足元にも及ばないステキ行為のオンパレードなんですが、
密かにザフトってとんでもなくステキ軍隊なんじゃないかと今更ながら思ったり。
遺伝子操作してもメンタルな部分はどうにもならないという事でしょうか。


そんなメンタルな部分はどうにもならない…というか、単なる若さ故の過ちでしょうが、
ここでついに各所で話題沸騰の『キラ君株価大暴落』シーン。

よりを戻そうとフレイ嬢を追いかけるサイさん。
そこへキラ君登場。駆け寄るフレイ嬢。詰め寄るサイさん。しかしフレイ嬢、
「私…ゆうべはキラの部屋に居たんだから!!」
と言い放ちます。物陰で盗み聞きしてたカガリたんも大赤面。
ここでキラ君が申し訳なさそうにしていれば、悪者はフレイ嬢だけで済んだんですが(笑)
事もあろうにこの坊ちゃん、
強気モード
「どう見ても君が嫌がるフレイを追っかけてるようにしか見えないよ」
「ゆうべの戦闘で疲れてるんだ。もうやめてくれない?」
前回よりも250%増量(当社比)の増長モード。
帰ろうとするキラを止めようとしたサイの腕を捻り上げ、増長ぶりはさらに高まります。

俺の名を言ってみろ!
「やめてよね…本気で喧嘩したらサイが僕に敵うはずないだろ?」
……コーディネーターの利点生かしまくりの暴言登場。
お前は本当に主人公かと問い詰めたくなりました。顔が悪人だよ。
フレイが優しくしてくれたから…
自分がどんな思いで戦ってきたか誰も知りもしなかったから…らしいですが、
散々今まで気遣ってくれて、ラクス引渡しの時も「お前は帰ってくるよな!?」と信じてくれて
自分たちがアークエンジェルに残る時にも、キラの事は気遣って退艦をすすめてくれた
サイやミリアリアやトールやカズイ達…友人のことは脳内で抹消ですか…(汗)
フレイ嬢とのプロレスごっこが凄すぎたとは言っても、記憶が飛びすぎです。
記憶が飛んでいないのだとしたら、キラ基準では

プロレスごっこをしてくれる女性>>>>>>(超えられない壁)>>>>>>ベストフレンズ

といった感じでしょうか。
キラに接近したのはフレイ嬢の策略ですが、それを差し引いても余りあるキラの増長ぶり。
嗚呼…。
今回めでたくキラの俺的二つ名が決定しました。
『エンディミオンの鷹』や『砂漠の虎』にも引けを取りません。
その名も…

『 ヘ リ オ ポ リ ス の 種 馬 』

種ガンの真意ここにあり。
フレイ嬢もカガリたんもラクスもマリュー艦長もミリアリアもアス坊も全てキラが攻略します。
…マジでそうなったらアレキサンドリアで突っ込みますが(汗)


今回は前半は普通にマッタリと進んでいたのに、後半の痴話喧嘩で全てブチ壊しという感じがしました。
バーザムはドロドロしたのが好きではないので、さらに嫌悪感が上昇したのも敗因。
本気で種を観るのを止めようと思う日が来るかもしれませんね…
今でも結構アップアップですが(死)


では種を観つづける唯一の希望(笑)、『今週のバジルール中尉!』
キリッとね! アラスカまで行けるかどうか
今回はあまり見せ場という見せ場は無かったかもしれませんが、
レジスタンス前線基地での会議などでも色々と輝いておられました。
前線基地ではむしろフラガ少佐の抜け目の無さが際立っていたような気がしますね(笑)
オッサンも、カガリがオーブの姫様とバレるから、名前を『アスハ』まで言わなかったんでしょうか。
さて、そんな今週の一枚はコレ!
キタ―――――(゚∀゚)――――――!!0
予告かよ!!というツッコミは無しの方向で(汗)
もぅ予告の中尉のこのシーンで祭のヨカン…。
待ちきれなくてモゥ辛抱タマランですよボキは!!ブハァ!!

とにかく来週はバジルール中尉の新たな一面が見れそうで、今から楽しみであります!
中尉ファンの皆様、期待して待たれよ!!


16-『燃える砂塵』
フラレマン機構…サイさんに涙
カラヲケでSEED新OP『moment』のビビアソパートを唄ってくれる女性大募集(死)
…種放送でネジが2,3本イカれてるGMですコンバンワ。
まぁ何も言わずに種感想へ。今週は戦闘オンリーの回です。


はい、まずはようやく登場の新キャラ。
お前は虎だ!虎になるのだ!!
違いの分かる男、アフリカ方面軍指揮官・アンディ=バルトフェルト。
ダバダ〜ダ〜ダ〜ダバダ〜ダバダ〜♪ネスカフェゴールドブレンド。
新OPのカットとは別人に見えて仕方ないのはともかく、”砂漠の虎”と恐れられる猛将です。

そんな虎さんが急襲してきてアークエンジェルは戦闘態勢へ。
パイロットも至急持ち場へ向かわなければ!!
シングルベェッドで二人〜♪
(((( ;凸)))ガクガクブルブル
警報を聞いて飛び起きるキラ君。急いで服を着るキラ君。
同じベッドに寝ていたフレイ嬢。素っ裸なフレイ嬢。
(((( ;凸)))ガクガクブルブル
もう確実に突っ込まれるのを見越して作ったとしか思えないんですが、
これはまぁアレですよ。先週もフレイ嬢がキラ君を慰めてた訳ですし。
年頃の坊ちゃんとお嬢ちゃんが。
同じベッドで。
素っ裸で仲良く一緒に寝ていただけですよ。
何も不思議なことは無い訳で。きっと互いに慰めあっていたんでしょう。
セ(ピーーー)していた訳じゃないに決まってるじゃないですか。

……パトラッシュ…僕はもう疲れたよ……


まぁそんなこんなで慰めてもらって心の傷が癒えたからか、
フレイ嬢に思(ピーーー)り中(ドキューン)してスッキリ!したからかは知りませんが、
「いいから早くハッチ開けろよ!」等と増長ぶりも甚だしく。
命令口調かよ! 犬キタ――(゚∀゚)――!!
意気込んで飛び出して行くも、何故か装備はランチャーユニット…。
慣れない地球の重力と、砂漠の王者(自称)バクゥ5機の攻撃に、ストライク大ピンチ!!
一体ドウナッテシマウノカ…と思いきや

ストライク、OS調整(砂漠適応)でオールオッケー…。

重いぞストライク これが…

チェックメイト こうなってしまう訳で。(犬踏みつけ済)
……( ゚д゚)ポカーン
コーディ脅威のメカニズム。戦闘中に書き換えですか。
出撃前に頑張ったけど駄目だったコウ&GP-01の立場無し。まぁあっちは陸戦用でしたが。
なんにせよ形勢逆転。
まぁ跳ね飛ばした犬を踏んづけてランチャー撃ち込む所なんかは良かったので、
御都合主義っぽくてもまぁ良いかなぁ…と思っていたらば!

キラ君、再び覚醒モードに…(汗)

ランブルボール!加速装置!
アークエンジェルに敵艦の砲撃が迫っていたとは言え…1話で2度の御都合逆転劇は、ねぇ…。
…と思ったらまたピンチ到来。お約束のエネルギー切れ。
「アグニ(ランチャー)を使いすぎたかっ!」と焦るキラ君ですが、じゃあ何故ランチャーストライクで出たのかと(笑)

そんな2度目のピンチを救ったのは、やっと出てきたカガリたん率いるレジスタンスの皆さん。
カガリたんによるとトラップを仕掛けているから敵をそこに誘い込めとの事。
指示に従って、トラップを仕掛けている場所に敵を誘うストライク。
それを追うバクゥ部隊。

…追わせるなよ虎!(汗)

前半で「この辺りには石油や天然ガス鉱床の廃坑があって云々」って話があったんで、
それを利用したトラップだと思うんですが…虎チームは砂漠戦に長けてるんじゃないんですか!?
この辺りの地形も把握してると思ってたんですが…
あ…あ…そのままストライクを追っちゃうと……

ポチっとな! 大爆発だーダダッダー
豚もおだてりゃ木に登る。バクゥ部隊全滅…。
SEEDの戦闘って全滅させるか・させられるかしか無いんでしょうか…。
連合はともかく、ザフトはMSの1機でも貴重だろうに。
引き際を誤ったとしか思えない虎さんは大した事ないなぁと思ってしまう演出も(以下略)
戦闘オンリー週は何かと結構輝けるSEEDですが…
とりあえず虎さん、マジで先行き不安です。


では最後に、ここだけ活気がある『今週のバジルール中尉!』
我等がバジルール少尉も中尉に昇進。ノイマン曹長も少尉に。
意外とお似合い? 怒ってばかりじゃないのよ

そんな中での今週の1枚はコレ。虎さん急襲前のワンショット。
最近扱いが酷いからね…
ノイマン少尉にドリンクを差し入れたりと、普通に優しい面を見せてくれたバジルール中尉。
そうだよ、こういうシーンをもっと盛り込んでくれよ先生!(誰
というか今回はこのシーンだけでお腹一杯でした。
今度は中尉の私室シーン等があればさらに舞い上がる予感。